「若おかみは小学生」について

少し書いてみます。



劇場版「若おかみは小学生!」PV


若おかみは小学生を観てきました。
文科省推薦とは裏腹に主人公は重いトラウマを背負い、明るい若おかみのアニメーションの背後に死の匂いが濃厚に充満した作品でした。


そういう意味では、後半がキツいという感想が多いですが、序盤から心に来るものがありました。というのも、幽霊等の超常の3人は実はおらず、おっこは独り言を喋り、勝手にものを食べる……つまり乖離や過食を起こしていると解釈しても、何ら視聴に問題が無かったからです。


実は彼らはイマジナリーフレンドであり、実は存在しない。物語の構造としても、おっこが心を治癒し、成長していく過程で彼らは見えなくなっていきます。心を治癒するという事は大人への発達です。両親からの愛情を十分に受けたと思しき12歳の少女は自立の境界線に居ます。そこからの自立(治癒)の過程を地域信仰(道教)で結びつけて最終的に昇華した本作は名作と言えましょう。


ここから少し道教の話をします。
おっこ温泉地は元々動物が傷を癒やすために使用し、おっこのご先祖が人間も使えるようにした、という経緯があります。動物達に敬意を払い、「何者も拒まない温泉地」として皆が運用しています。日本の地域信仰は「何者も拒まない」「自然」「才能(個性)の発露」「全ては1つ」。これは弥生時代からの日本の最古の宗教としての道教道家思想)の発露なんですね。(地域信仰や神道道教の派生だったりします)


物語はおっこの自身の「才能の発露」を起こし、超常の存在や両親、動物や人々の思いを巻き込んで「何者も拒まず」、「自然」と地域信仰(道教)を通じて「全ては1つ」になっていきます。この美しい収束は制作陣の卓越したバランス感覚や洗練し尽くしたシナリオから練りだされ、見事に文化的に恥じることの無い名作を産み出しました。


まだ観てない人は楽しみましょう。もう観た人も楽しみましょう。
この作品は何者も拒みません。


会えて良かった作品です。ありがとう、id:hebomegane_sun

ちなみに

エントリ自体iPadで書いた上に、iHatenaSyncっていうはてダ投稿支援アプリ使って書いた。


App IconiHatenaSync 6.0.3 App Store
Supported Devices: iPadWifi, iPad2Wifi, iPhone4, iPad23G, iPhone-3GS, iPodTouchourthGen, iPodTouchThirdGen, iPad3G
Category: ソーシャルネットワーキング   Price: 0 JPY
Seller: Hiroaki Hayase
iPadでちょこちょこ書いて投稿するかも。わからんけど。


written by iHatenaSync

第四世代iPad買った

開封の儀



・初期設定


んで昨日ずっとiPadいじくってたら、ただのでかいiPhoneかと思ってたら案外細かいところが違ってて、

  1. キーボードが両手かつ複数の指で打てる
  2. Safariのタブ数の制限が8つじゃない(制限なし?)
  3. Safariや各アプリでiPhoneが画面遷移するところが吹き出しのみで済む

この辺りがかなり大きい。

1はもちろん検索なりメモなりで効果が大きいし、
2と3の影響でブラウジングiPhoneよりも随分捗る。スマホ用画面じゃなくPC用画面での閲覧がラクなにもよい。
特に3はechofonなんかでもそうだったんだけど、誰かのプロフィール見てる時でも画面のほんの一部を吹き出しが占有するだけで、もとのTLはそのまま見れる状態。だから、その人の発言とか見ながら自分のTLが同時に追えるところはiPhoneよりも便利だなと思うとこなんだけど、惜しむらくはiPad用のTwitterクライアントが随分少ないとこなんだよねえ……。かなり優秀な部類のクライアントであるTweetlogixやSOICHAが無いし、そこそこ優秀なSimplyTweetやOsfoora、最近俺が気に入ってるTweetAtokも対応してない。いまんとこ結構使えるのは、echofonと公式クライアント、HootSuite、あと超優秀なTweetBotがiPad対応してるんだけど、こいつだけはiPad版が別料金でiPhoneで愛用してる俺としてはTweetBotのアヒルみたいな顔をして怒りを表明するしかないとこなんだけど、しばらくしたら買うと思います。
(ただ、最近はLaunch+やらDraftPadに夢中になってるせいで、投稿自体はそっちがメインになりつつあるんだけども)




あ、ちなみに第四世代iPad買った理由は

  • 電子ノートとして使いたい(主に数学と英語用)
  • オセロ囲碁将棋五目並べ辺りを集約したい
  • 新聞が見たい(スクラップブックとして使いたい)

ってのがあります。
数学辺り勉強してるとちょっとしたメモやら計算とかがかなり重要なんだけど、保存するとなると随分カオスなことになるので、いまんとこ電子化が最適解。そう考えるとiPad自体はあっても良いかなと前々から考えていたのだけど、それなりに値段が貼るのでスペック的に問題が無さげな段階で買おう、そんで買うとしたら今だろうなと思って買った。

んでオセロ囲碁将棋は家空間の節約になる上に、途中終了できたり手順も覚えてくれそうで便利そう。旅行とかでとりあえず持ってくと特急の中で楽しめそうな匂いを感じ取った。

新聞の話はぶっちゃけ日経とか朝日とか産経見るのは便利そうだなとか思ってたんだけど、日経が月4000円とかあり得ない高さな上に朝日も月3000円くらいするので絶望感たっぷりだった。まあ産経はiPad版のみ月1500円のみで結構安いんだけど、やはり日経と比べると質が……となるので無料のiPhone版で我慢してる。今んとこ現実的なのは読める時に日経やら読みたい新聞買ってきてiPadのカメラで撮ってスクラップしとく事ですかね。iOS一族の中ではiPadのカメラが最も優秀なようだし。

あとは電子書籍用端末としては第四世代iPadが今んとこもっとも限りなく正解に近いっぽいので、それも踏まえて買った感じ。
実際Kindle(アプリ)は見やすいし、iPad版のニュートンはあるし、マガストアに文藝春秋きょうの料理はあるっぽいので、その辺りはそれなりに満足できてたり。(贅沢をいえば日経サイエンスとかTarzanとかも読みたい)

今は使いやすくなるよう色々設定中、というかノートアプリを落として片っ端から試してるので、一通り勝手が解ったらまとめでも書くかも。

WinからMacにTeratermで接続用メモ

Win7(x64)からMac(Lion)にTeraterm使って接続。

以下、ひっかかった所

接続を拒否られる

「システム環境設定」→「共有」→"リモートログイン"にチェックすれば接続可能。

ただし、そのままだとチャレンジレスポンス認証しないといけない可能性*1があるので、

/etc/sshd_config を編集。

$ sudo vi /etc/sshd_config
変更前:#PasswordAuthentication no
変更後:PasswordAuthentication yes

と、設定することで通常のログインになる。

日本語ファイルが文字化けする(書く時も)

~/.bash_profile

に次の1行を追加。(ファイルが無ければ追加する。)

export LANG=ja_JP.UTF-8

これで日本語の読み書きがちゃんと出来るようになる。

参考